海・山・里の舞に酔う  延岡で城山かぐらまつり

DSC_3857

「第19回城山かぐらまつり」は11月1日、延岡市の城山城址二の丸広場で開かれ、夕方から小雨降るあいにくの天候となるなか、大勢の来場者でにぎわいました。城山かぐらまつりは、日豊圏域の市町村が神楽を通して伝統文化の保存、伝承活動の振興、まちの活性化につなげようと、平成9年から城山神楽祭実行委員会を組織して実施している“海・山・里の神楽の祭典”です。

今年も延岡市の伊福形、大峡、尾崎、川坂、市振、美々地、椎畑、早日渡の8団体に、日向市の坪谷、福岡県豊前市の黒土神楽講を加えた山、海、里の神楽が、それぞれに特徴ある29番の神楽を奉納しました。

DSC_3782 DSC_3762 DSC_3547 DSC_3365 DSC_3923 DSC_3975 DSC_4015 DSC_3323 DSC_3798 DSC_3818